najico 中村自工

温度継電器

概要

エンジン機関・液体変速機・電気温水器等の配管部に装着され、配管を流れる液体の温度を検知し、事前に設定された温度を基準として電気回路を開閉する電気部品です。
回路開閉方式により以下に大別されます。
・オープン型:設定温度以上で回路を開通
・クローズ型:設定温度以上で回路を閉鎖
・COM型:複数の接続端子を持ちオープン・クローズ両方で動作
・2ポイント型:上限・下限の2つの温度を設定し、回路の開通・閉鎖を上限ー下限間の温度帯でコントロールするタイプ

仕様
主要材質感温部:真鍮またはSUS
カバー部:FR-PETほか
【以下標準型継電器の電気的仕様】
耐電圧AC1500Vにて1分間
絶縁抵抗500Vメガーにて50MΩ以上
動作感度1.0deg以内
設定誤差±2.5℃以内(0℃~100℃)
接点寿命100,000回以上
温度継電器・TOS(2ポイント型)
・OS(オイル型、感温部内に特殊オイルが充填されており、安定した接点動作を実現)
・TH-F(特注型・配線を直接本体に結線させるタイプ、ゴムキャップによるカバー保護)
特徴

・柔軟な温度設定が可能です。
・感温部が直接受感を行う為、接点動作のタイムラグが少なくなります。
・JIS規格のネジ切り処理を施していて、取付が容易です。
・耐振動性に優れています。
・防湿・防塵・防爆型の設定もあり、様々な環境下で使用可能です。

主な構成部品
感温部温度検知機構と接点を内蔵している
カバー部スイッチを内蔵し感温部の接点動作を電気に変換する
リード線電気配線に接続する為の電線