発明考案と報奨制度

中村自工には社員が職務上行った発明や考案に対して対価や報奨金を支払う制度があります。
この制度は社員の発明、考案の意欲を助長することで、事業の発展と社会への貢献に結び付けることを目的としており、「発明考案規程」に則り運用されています。

発明考案

発明考案

社員が職務上行った発明や考案を言います。特許権、実用新案権、意匠権、商標権などが該当し、「発明考案規程」に出願・登録に関する手続きや権利の帰属などが定められています。

報酬制度

●報奨の種類
発明考案に対する報奨は下記の通り「発明考案規程」に定められています。
(1)出願時、登録時、実施時にそれぞれ一時金
(2)売上に対する対価(同規程に定められた計算式により毎年算出して支払う)