教育基本方針「自発的行動集団の形成」

仕事は「待つもの」ではなく、「獲得するもの」。これが中村自工の考え方です。
自ら考え、行動する組織を目指し、特に若手層へ向けた研修や自己啓発などの教育体系を整え、計画的に支援しています。
社員は強い目的意識と向上心を持って、研修や通信教育などに取り組んでいます!

求める具体的能力

●業務に積極的・能動的に取り組む

●組織の中で同僚や上司・部下との信頼関係を築きチームワークを強固にする

上記をベースに下の「遂行力」から「実現力」まで順次身につける。

一般社員
(新入社員~若手社員)
遂行力 指示された仕事をしっかり遂行する力。さらに上司に「なぜ?」を質問し理解しようとする習慣を身に付けることも望まれる。
想像力 現状に満足せず常に問題点・改善点等があるかを考え仮説を立てる力
→ 日々に流されない習慣を身に付ける
主任・係長 進言力 想像力を発揮し立てた仮説の中で自部所や会社に影響が大きいものを感じ取り上司に進言する力
→ 上司の参謀的な役割を担う
企画力 現実的な目線でビジネスとなり得る仮説を選択し、実現するための工程を示せる力
課長 実現力 以上4つの能力を駆使し、過程で生じる軋轢や課題を調整・実行し会社にメリット・ 利益をもたらす力

「自発的行動」を実現する二本の柱

NAJICO社員

OJT

上司や先輩が各職場で仕事を通じて行う指導を言います。日々の業務の中で求められる「実践能力」や「応用力」を習得できるよう、その都度、指導・支援します。

《OJT一例》

  • 役員、上司、先輩などによる指導
  • チャレンジできる役割を与え指導・支援する
OFFJT

業務とは離れた場で行う外部研修や社内外の講習などを言います。OJTではカバーできない体系的な「知識」や「技術」を習得できるよう支援します。

《OFFJT一例》

  • 集合研修(外部研修・社内研修)
  • 通信教育

OJT事例

OFFJT事例

社員の指導・育成は日々のOJTが中心となります。上司や先輩社員は部下や後輩社員の経験や能力に合わせ、意図的・計画的に指導・支援をしています。

OFFJT事例

新入社員、若手社員、主任、係長などの階層別研修やプレゼンテーション、交渉術などスキルを習得するための様々な教育カリキュラムを用意しています。
詳細は「教育カリキュラム」ページをご参照ください。

工場研修

工場研修

新人教育の一環として、当社製品の製造を担うグループ会社の工場で見学や組み立てなどの実習を行っています。実際に当社製品に触れることで、製品やグループ会社に関する理解が深まります。

階級別研修

階級別研修

新入社員から管理職まで、階層に応じ外部研修や社内研修を受講しています。研修を通じ、果たすべき役割を理解しそれを遂行するための方法などを習得します。

職場リーダー研修

職場リーダー研修

一般社団法人経団連事業サービス主催の「職場リーダー林間研修」に毎年管理職候補者が数名参加しています。
マネジメントや変革のマインドについて学びます。

語学研修

語学研修

海外業務を行うために語学のスキルが必要な社員は、語学学校への通学や通信教育の受講を通じ、語学力の向上を目指します。